» -大雨災害関連緊急連絡-

一般社団法人 広島県作業療法士会


-大雨災害関連緊急連絡-

カテゴリ: 投稿日:2018年7月16日

-大雨災害関連緊急連絡-
広島県作業療法士会会員の皆さんへ

先週末より降り続いた雨によって、広島県内の各地に甚大な被害をもたらしており、現在も避難指示・勧告が出ている地域も多数です。
皆さんの勤務先・自宅に被害は出ていないでしょうか

※「職場の同僚の会員が豪雨被害に遭っている」という情報もお寄せ下さい。

※現在、避難指示や避難勧告が出されている地域での活動は行えません。また、支援活動は道路の復旧(国道だけではなく、被災地への生活道も)を待ってからの支援となります。
今週末だけでは無く、来週以降も息の長い支援が必要だと思いますので、皆さん出来る範囲で協力をお願いします。

※先週末から情報収集を行っておりますが、今週は被災状況の収集を行いますので、

1.被害に遭われた場合は、「広島県作業療法士会 自然災害緊急時対応マニュアル」に沿って当会から支援を行います。

被害に遭われた方は(あるいは職場の同僚の会員が)
・被害があった場合は、
「自力復旧が可能かあるいは援助の必要性」
・援助の必要があった場合は、
「物的援助・人的援助(ボランティア等)の必要性」

上記を事務局 馬場 孝(連絡先は下記)までご一報下さい。

2.広島JRATから支援準備の要請がありました。
これは広島JRATの要請なので、支援所にOTとして派遣されるボランティアになります。がれきの撤去などのボランティア募集ではありません。
まだ、場所や人数などの具体的な事は分からないですし、実際に依頼が来ない可能性もあるのですが、まずは、支援の要請があるので、協力できそうな人を募集していること。依頼があった場合の日付や場所などの具体的な調整は、今後してゆく。予定が合わなくなった際は、キャンセルも可能であること。依頼が来ない可能性もあること。
費用負担は、県士会や公費で負担予定であるが、一旦は自腹である事。士会の保険の範疇で保障はできるが、それ以外は自己の判断で参加する事。参加することになった際は、施設長への要請は困難なので、各自で許可を取るか休暇で対応して欲しいこと。

3.被災した会員施設や会員宅のがれき撤去やお手伝いのボランティアの募集
(支援が本格的になった時点で、再度募集の案内を行います)
まだ、どのような被災状況か把握も出来ていない状況ですが、このボランティアも前もって募集を行います。
可能な活動日・地域に応じて、被災会員とのマッチングを行います。
とりあえずその思いがある方は、事務局 馬場 孝までご一報下さい

上記1.2.3.に関する連絡は、下記までお願いします

+------------------------+

事務局宛の緊急の連絡がありましたら、事務局携帯電話までご連絡下さい。

電話090-5377-9922
FAX050-3737-3558
メールjimusho@hiroshima-ota.jp

※やむを得ず携帯端末からの受信のみ可能としております。ご了承ください。
※電話の方、取れない場合は留守番電話が作動します。必ずメッセージを!

+------------------------+





生活行為向上マネジメント






( 社) 広島県作業療法士会 相談アドバイザー 渋谷(公立御調病院) 小猿、冨田、柴田(県リハ) 岸下(市リハ) 三戸(県リハ) 香川(ベルローゼ)  ※利用者登録用ID・パスワードは    2月会報(P8)をご確認下さい。



     



県士会員限定メールマガジン “つんつんあたま” への登録はこちらから

Create: Aug 1, 1997
アクセス者数

最終更新:2021-06-18 12:26:05

バス広告Project
『作業療法士はいい職業だ』

presented by 広島県作業療法士会